就職で失敗しないスーツの着こなし方

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

スーツ

ビル

就職で失敗しないスーツの着こなし方

転職や就職活動で欠かせないスーツは、きちんとリクルート用に派手すぎないものを一着用意しておく必要があります。
ですが、良いスーツを購入しても、着こなし方を間違えるだけで面接官の印象を悪くしてしまいますので、注意が必要です。
では、失敗しない着こなし方とは一体何なのでしょうか。
丁度正面に来て、ネクタイが見えるVゾーンの部分は、広くなりすぎないものを購入するようにしましょう。
あまりにもゆとりを持ちすぎてしまいますと、ダブついた印象を相手に与えてしまいます。
オシャレと就職活動は異なりますので、メリハリを付ける必要があります。
また、着丈はおしりが隠れるくらいが理想だと言われています。
最近のトレンドなどで、着丈が短いものもありますが、目立ちすぎてしまいますと、かえって印象を悪くしてしまいますので、気を付けなくてはいけません。
色々と気を付けなくてはいけない事は沢山ありますが、スーツで印象を悪くしないように最大限配慮するようにしましょう。