リクルートスーツの正しい着こなし方

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

スーツ

ビル

リクルートスーツの正しい着こなし方

就職や転職活動を行う時に着るリクルートスーツは、端に着るだけでは意味がありません。
正しく着こなさなくては、最悪の場合面接官の心証を落とす可能性がありますので、注意が必要です。
では、正しい着こなし方とは一体何なのでしょうか。
まず、スーツのサイズですが、あまりにも大きすぎるとかえって印象が悪くなってしまいます。
ポイントは肩幅です。
ゆとりをもたせようと、あまりにもダボつかせてしまいますと、逆にだらしない印象を与えてしまいますので、注意が必要です。
とは言いましても、サイズがきつすぎてしまいますと、動きにくかったりしますので、自分の丈に合ったサイズを探すようにしましょう。
また、正面は必ずボタンを留めるように心掛けましょう。
何となく下を外したり、開けっ放しにしてしまいますと、面接官によっては印象が悪くなり、それだけで面接に落とされてしまう可能性がありますので、十分に気を付けましょう。
就職で失敗しない為にも、正しい着こなし方をマスターしましょう。